お知らせ

停電時における蓄電池設定確認、変更方法

2019.10.11 お知らせ

初期設定では、全容量の30%を停電時用電力とし、停電発生時には自動的に給電切替が行われます。

設定確認、変更の操作は以下の通りとなります。

①蓄電池リモコンの下部メニューにて「設定」をタッチし、設定情報画面に切り替えます

②非常時設定に表示された「自動給電切替」「30%」を確認します

⇒停電が予測される場合は設定を「50%以上」にすることをお勧めします。

*なお、その場合は復旧後に設定を推奨値(30%)にお戻しください。

③変更が必要な場合、変更したい項目をタッチし、◀▶にて変更後、「確定」をタッチします

(商品取扱説明書20頁参照)

注:太陽光パネルにて発電した電力を蓄電池に貯蓄するためには、太陽光発電用パワーコンディショナーの

設定を「連系」から「自立」に変更する必要があります。


—————————–

Q 停電時、切替操作などが必要ですか?

A 自動給電切替設定をお選びいただければ、自動で切り替えます。

切り替えスイッチが「系統」の場合は「蓄電」へ、非常時設定は「自動給電切替設定」とする必要があります。

なお、蓄電システムが停電運転、復電後の通常運転に切り替わる際に、非常時兼用コンセントは数秒間電源が切れますのでご注意ください。

詳しくはこちらをご覧ください

page top